Essays on English in Japan

How to use this Site

E-mail Print PDF

How to use this Site

These essays are meant to be read over and over. They are meant to be thought about and reflected on. That’s about it. There’s no great secret about how to use this site. Read and think.

If you are looking for a specific topic, however, you can use the search function at the top and bottom of the page. The search function will help you find topics that you might be wondering about and point you in the direction of essays that talk about what you want to know. Put in a key word you are thinking of and see what comes up.
The essays are also meant to be shared. Why else put anything up on the internet after all, unless you want to share it? Send them on to friends or colleagues, too. Argue about them. Disagree with them. Think for yourself, and think with others.

Also, I have rewritten most of the essays from the originals translated to Japanese for the book, so if you compare the book essays and the English versions here side by side, you will often find they are very different. I keep fiddling with them.

If you want to read the Japanese version, click through to the bookstore and search for: 僕は、ニッポンの味方です! An Anti-Grammar Manifesto—The Other Side of English, by Michael Pronko, released by Media Factory Publishers in March 2009.


サイトの楽しみ方


 サイトに掲載されているエッセーを何回も読む。エッセーについて考え、思いをめぐらせる。それがこのサイトの楽しみ方です。特別な秘訣はありません。読んで、考えてみましょう。

特定の話題を探す場合は、サイトの上下にある検索機能を使ってください。気になる話題を見つけやすく、知りたいことを語っているエッセーをすぐに読めるでしょう。思いつくキーワードを入力したら、検索結果をお楽しみに。

このサイトのエッセーはみんなで共有するものです。そのためにインターネット上に掲載しているのだから。友人や同僚にも読んでもらってください。エッセーについて彼らと議論してください。反論してください。1人で考えて、みんなで考えてください。

掲載されているエッセーの大半は、『僕、ニッポンの味方です』を翻訳した際の英文原稿をリライトしています。日本語と英語を1語ずつ比較したら、かなり違うところも多いでしょう。今も英語をいじってリライトしているのです。

このサイトのエッセーを読んで日本語版を読みたくなったら、オンライン書店のアイコンをクリックして『僕、ニッポンの味方です アメリカ人大学教授が見た「日本人の英語」』をどうぞ。メディアファクトリーから2008年3月に刊行されました。

 

Most Recent Essays

Most Read Essays

About The Author

Michael is currently teaching at Meiji Gakuin University in Tokyo, Japan, in the American Literature section of the English Department. More information in the About Me page.